ヘルス店の成功率を上げるために創意工夫していく

病院設定のヘルスで、医師になりきって女性にいたずらしてみました。

デリヘルではなく、店舗型のヘルスを利用するのは、遊び方に幅があるからです。この前利用したヘルスは、病院設定のお店でした。女性の衣装は女医、ナース服、患者に見えるパジャマ等が用意されており、どんなプレイをしたいかを告げて、それにふさわしい衣装で登場してもらいます。ヘルスで受けるサービス自体は、恋人が行うそれとなんら変わらないでしょう。しかし病院という設定が一つ乗っかるだけで、役になりきったエッチ体験が実現でき、とても興奮できるのでした。前回の利用では患者役だったので、今回は私が医師役を、女性には患者さんになりきってもらいました。そしてエッチな診察の始まりです。どこかで聞いたような文言で診察を開始し、徐々にその手つきがいやらしくなっていく時の相手の反応は、実に興奮できるものです。嫌がりながらも素直に従う患者に気をよくし、徐々にエスカレートになっていく破廉恥行為、そして診察を抜きにしての、ただのエッチ行為へと突入するのでした。ここまでの設定で十分興奮した私は、その後、彼女からフェラされるだけで、あっさり射精してしまいました。それでももう一発抜きたい私は、回復するまで再び彼女の体を触りまくり、見事に回復したムスコを彼女の胸に挟んで、その感触でいかせてもらいました。

ヘルスは恋人気分で楽しむと、より高い興奮を味わうことができます。

ヘルスを利用するときは、事前に恋人という設定でプレイできるよう、お願いするのがお勧めです。通常のプレイ内容も十分満足できますが、恋人という設定を一つ加えるだけで、風俗嬢へ向ける愛情も、ヘルス嬢からのサービス内容もまるで変わってくるので、より充実した性的サービスを堪能することができるでしょう。恋人ですから、当たり前のように自分のことを気遣ってくれます。服を脱ぐのも手伝ってくれますし、お風呂で体を綺麗にするのも、いちゃいちゃしながら洗ってくれるので、体で興奮する以上に、心が満たされるという感覚のほうが大きくありました。そして、いちゃいちゃしたままで向かうベッド、それからも終始密着した体勢で攻守交替で責めあい、互いを気持ちよくしてあげようとする行為は、目の前のヘルス嬢が本物の彼女のように思えたほどでした。もちろんフィニッシュも愛情たっぷりに思える好きなプレイで射精できるので、絶頂感は確実に高いものとなります。ちなみに私の場合、彼女のお口で精子を受けてもらいたいという気持ちが強いので、締めは手を使わないノーハンドフェラで射精させてもらいました。

男友達が言うように関東のヘルスにはかわいい子が多かった

関東に遊びに行く時に、友達から男だけで行く時にはヘルス店を利用した方が良いとアドバイスをもらいました。僕が住んでいるのは田舎なので、お店に在籍している女の子もあまり選ぶ事ができません。しかし関東のヘルス店には、人数も多くかわいい子が集まっていると教えてもらったのです。そう聞いてしまったら楽しみになってしまい、観光が終わった夜にヘルスのお店に行ってみる事にしました。パネルを見ていると自分好みのかわいい女の子を見つける事ができたので、指名させてもらいました。受付所で待っていると、準備が出来たと店員さんに奥へと連れていかれました。奥で待っている子は予想以上にかわいい女の子でした。僕に挨拶をしてくれると、汚れないようにタオルなどを敷いて準備してくれました。そしてベットに僕を寝かせてくれて、マッサージをしてくれました。気持ち良くなっていると全身をリップしてくれたり、シックシナインもして刺激をしてくれたのです。手コキも睾丸部分まで触ってもらう事ができ、気持ち良く射精をしました。

このサイトでファッションヘルスを探しました